PC関連

新型VAIOがやってきました (4代目

350dpiで見開きカラー絵を描くと32bitのメモリ上限ではsaiが停止してしまうことから、
64bitOS機への乗り換えが急務でした。
そこへ来た締め切り前のSSD死亡(涙)により見事ニューマシンへの乗り換えに踏み切ったわけです!

3cd46a41.jpga65c3094.jpg

ワイド保証とキーボードの打感、バッテリ駆動時間の関係から僕はいつもVAIOを選択しています。
今回は無難に前機種VAIO Z90の後継機であるVAIO Sを選択しました。
13.3インチモニタで解像度1600x900も前機種と変わらず。
モニタ13.1のVAIO ZがFULL HDあるのにVAIO SもFULL HDにはして欲しかった所。

92d69275.jpg
正面から見た所です。
前機種よりもタッチパッドが大きくなっており、左右クリックボタンと一体化してます。

82f99c60.jpga8ac95a8.jpg
キーボード左上と右上のスイッチ類です。
左の画像がキーボード左側でこの系統のVAIOおなじみのGPU切り替えスイッチがあります。
僕はGPU使用することをしないので、GPUは常にCPU内臓側で動作させています。
前機種から光ドライブが左側に移動してきたのでイジェクトボタンも左側に配置されています。
右の画像がキーボード右上のスイッチ類です。
キーパッドについていた指紋センサーがこの位置に移動されています。
(使ったことありませんが…)
VAIOボタンは好きな動作を割り振れるボタンで僕は消音を割り振ってます。
他2つのASSISTとWEBボタンは何に使うのかわかりません(;´∀`)

0eb79bec.jpg6362d2c1.jpg
筐体の左右側面です。
左の画像が左側面で光学ドライブがあります。
今回の機種からスロットイン式に変更されていてちょっとショックでした…。
(特に理由はありませんが僕はスロットイン式のドライブが嫌いですw)
右の画像が筐体右側面。各コネクタがこちら側に集中して並んでいます。
USB3.0ポートが2つ追加されたのは大きいですが、右側に全USBポートが並んでいる為、
使い勝手としてはあまり良くは無いです。

ace5df5d.jpgb349435f.jpg
液晶ヒンジ部分です。
前機種は液晶の左右端にヒンジがあるタイプでしたが、今回から液晶中央にヒンジが移動されています。
その関係からか前機種は180度近く開いた液晶モニタの開度が浅くなりました…(右画像)。
また左画像のヒンジ下、黄色ラベルの上を見てもらえばわかりますが、この位置に排気口が移動されています。
従来までは左右どちらかに排気口があり、PC横においているUSB HDD等が
排気熱でうっかり暖かくなっていましたが、今回からそれはありません。
ただしヒンジ回りが排気熱で結構暖かくなるのでヒザに乗せて使用するのは無理かもしれません。

以上軽く外観レポートです。
64bit化でOSもWindows7に変わりましたが、前機種のVistaと大きく違いがなかったので、
特に戸惑いはありませんでした。
ただし、ボタン一体型となったタッチパッドが曲者で、カーソル操作とクリックを左右の手でやっていると、マルチタッチと誤判定するのかカーソルがどこかに消えたりします。
加えて左右クリックしているのにOSが反応しなかったりする…。
なぜタッチパッドが大型化+ボタン一体型にしたかと言うと、
どうやらマルチタッチによるジャスチャーに対応したかららしいのですが、
そんなものまったく使いません…。

とはいえ、64bit化で画像系のソフトはサクサク動くし(saiは4GBまでしかメモリ使えませんが…)、
何よりもSSDがメチャメチャ速い!
前機種でSSDが死亡した手前、SSD機種使うのは抵抗ありましたが、
もう…HDDのカリカリ音には…戻れない…(;´∀`)

Intel SSD 320を購入!

メインで使用しているVAIOノートのHDDアクセスが遅く感じてきたので、
ついにSSD換装へ踏み切ろうと、SSDを購入しました!

b735491f.jpg

2008年発売のVAIO type Zを使っているのですが、
最近ディスプレイドライバが強制終了して再起動したり、
IEを起動するとHDDランプがつきっぱなしで数分固まるなど、
かなり不安定orz

普段なら買い替えに踏み切る所ですが、
このtype Zがまた使い勝手が秀逸で手放すのがもったいない。

以前からSSD換装を目論んではいたのですが、
先日ウェブでこのtype Zの分解レポートを見つけたので、
思い切りました。
(分解レポート無しに手探りでノートPC分解する度胸は無いw)

ただし、換装が完了するまで絵が描けなくなるので、
換装作業は週末になりそうです。
pixiv

twitter
作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog